免許に関する情報が満載!

安心の証明書免許

自動車免許取得までの過程

自動車の普通免許を取得するためには、通常自動車教習所に通って卒業し、その後学科の試験を受けて合格する必要があります。
学科の試験は住民票のある地域の試験会場において、自動車学校を卒業してから1年以内に合格しないと、卒業の有効期間が過ぎてしまいます。
また卒業した自動車学校と住民票がある地域が同じであれば、学科試験のための手続きの必要はありませんが、違う場合は、学科の試験の前に警察署に行って学科試験の手続きをする必要があります。
自動車教習所では学科と実技を同時進行に学んでいくことになりますが、自動車教習所を卒業すれば実技の試験は免除されます。
実技は段階をおって、ステップアップしていきますが、大きな関門となるのが路上教習の前の仮免許です。
この仮免許の試験に合格しないと、路上教習を受けることができません。
また、多くの教習生が苦手と感じることが多いのは、坂道発進やバックからの駐車場入れでしょう。
焦らず、落ち着いて練習を重ねていくことが大切です。
各段階ごとに試験があり、不合格になってしまうと追加の教習を受けなければならず、その都度費用が新たに発生します。
すべての実技が終了すると、最後に決められた路上コースを走る卒業検定があり、それに合格すると卒業証書が授与されます。

自動車免許の様々なコース

各自動車教習所では、利用者の都合に合わせて、いくつかのコースを設け、自動車免許が取得しやすくなるようにしています。
まず標準コースでは、卒業までに通常1か月半から2か月程度かかります。
毎日自動車教習所に通ったとしても、1日に受講できる時間数が決まっているために、短期間で卒業することはできません。
その代りに、他のコースよりも料金が割安に設定されていたり、学生割引が設定されていたりするなど、お得なコースになっています。
早く卒業したければ、スピードコースを受講することがおすすめです。
料金は割増になりますが、時間の制限がなく受講していくことができるために、最短で2週間程度で卒業することができます。
ただ、スケジュールに関しては、自動車学校のほうで指定されることが多く、多少の調整は可能ですが、ある程度まとまった時間を確保することができる方でないと、スピードコースを受講するは難しいです。
また、スピードコースと同様に2週間程度で卒業することができるのが合宿免許です。
こちらは早く卒業することができるだけでなく、料金も安く設定されているのが魅力です。
指定の宿泊所に宿泊しながら、集中的に教習を受けることができます。
合宿免許は学生に人気があり、夏休みや春休みに集中します。

Favorite

Webシステム開発、ソフトウェア開発

システム開発 大阪

エコバッグを購入したい方はお任せください

エコバッグ

新潟にあるパーソナルトレーニングジムを口コミで比較しています

パーソナルトレーニング 新潟

介護職員初任者研修・実務者研修の資格取得

初任者研修

佐鳴予備校に関する動画をご紹介しています。

佐鳴予備校について

2018/6/7 更新